化粧下地

化粧下地をする人としない人がいるのはなぜ?

化粧下地をする人としない人がいるのはなぜ?

化粧下地をする人としない人がいますが、それはなぜなのでしょう。それはその人の考え方によるものです。中には、化粧下地などいらないと言う人もいます。肌の性質にもよりますが、ファンデーションを薄く塗らないと肌荒れが起こり、痒くなる人がいます。そうした人は、顔全体に化粧下地を塗ることはしません。多くの人は化粧下地を使っていますが、実際、化粧下地は必ず必要なのかどうかは疑問があります。化粧下地の上にファンデーションを重ねると毛穴を塞いでしまいかねません。化粧品は肌に負担がかかるものなので、できるだけ塗りたくないというのが化粧下地をしない人の意見で、肌が敏感な人の場合、なおさらそういう風に感じます。特に若いうちから塗りたくるのは肌に悪いです。一方、化粧下地をする人は、実際、毛穴の奥までクレンジングが100%できているとは言えないので、最初から下地で防いでおくのが得策という考え方です。また、化粧下地をすると、モチとツキをよくすることができるメリットがあります。化粧下地には、汗や皮脂で流れないよう耐水性を持たせる役割があり、成分を肌に浸透させないためでもあるのです。

 

化粧下地ランキング40代

ホーム RSS購読 サイトマップ